審判委員会

 

活動方針

委員長 駒場史明

 よい審判の育成がよい選手の育成につながるということは言うまでもなく、そのためには多くの方に審判活動に関心をもってもらうことが大切です。審判の仕事といえば、反則があったときに笛を吹いたり、その行為が悪質でカードを提示したり、的確な判定を下すことですが、選手が気持ちよく安全にプレーに集中できる環境を整えてあげることが、審判に課せられた大切な役割(ゲームコントロール)です。そのためには正しい判定と基準の一貫性が求められます。審判の下した判定が結果的に試合をおもしろくすることはあるかもしれませんが、あくまでもおもしろいゲームをつくるのは選手であり、「プレイヤーズファースト」選手あっての審判です。  近年、本市ジュニアの試合においても、次の展開を予測するためにチームの戦術や選手のプレースタイルを事前に把握し、試合に臨んでいる審判も増えています。もちろんプレーを見落とすこともあれば、判定を間違えることもあり、「自分が審判をして満足した試合はない」という人は少なくないと思います。その日の判定を振り返り、次の機会に生かしていくことが大切であり、競技規則を確認し、「次回はもっと上手に判定したい」という気持ちをもち続けられるような後押しを審判委員会で行っていきたいと考えています。
 


2017 開催予定項目





更新履歴