Information


埼玉スタジアムで1月8日行われた「第96回全国高校サッカー選手権大会」で悲願の初優勝を遂げた前橋育英高校で、正ゴールキーパーとして活躍した足利市出身(坂西ジュニオール→足利両毛ユナイテッドFC)の湯沢拓也選手(18)が足利市役所を訪れ、和泉聡市長に全国制覇の報告を行った。


足利協和中を会場に9月23日、平成29年度栃木県中学校新人サッカー大会足利地区予選会の決勝戦が行われ、毛野中が優勝。県大会の出場権を獲得した。

1位トーナメント順位戦で三菱養和SC巣鴨を破り5位獲得
【大会結果】(1位トーナメントのみ)(少年部に詳細を掲示)
優 勝 レジスタFC(埼玉県第1代表)
準優勝 Wings U-12 TOP(千葉第1代表)
第3位 エクセレントフィートFC(埼玉県第3代表) 
第3位 東京ヴェルディジュニア(東京都第1代表)
第5位 御厨FC(栃木県第3代表) 
第5位 JACPA東京FC(東京都第2代表)
第7位 三菱養和SC巣鴨ジュニア(東京都第3代表)
第7位 バディーサッカークラブ (神奈川県第1代表)

Topic1

足利出身GK湯沢拓也選手、全国高校サッカー選手権大会制し、足利市長に表敬訪問

 埼玉スタジアムで1月8日行われた「第96回全国高校サッカー選手権大会」で悲願の初優勝を遂げた前橋育英高校で、正ゴールキーパーとして活躍した足利市出身の湯沢拓也選手(18)が1月17日、足利市役所を訪れ、和泉聡市長に全国制覇の報告を行った。


 
 この日は、中学時代に所属したクラブチーム、足利両毛ユナイテッド FCの糸井悦夫監督(62)と父、湯沢聡さん(48)とともに来所。
 和泉市長が、決勝戦を振り返り「ドラマチックだったね。(優勝して)気持ち良かったでしょう」と湯沢選手に問いかけると、「選手権で優勝するために3年間頑張ってきたので、勝った時は本当に嬉しかったです」と勝利の瞬間を振り返った。湯沢選手は、今大会予選(群馬県大会)をはじめ、強豪校ひしめく全国大会決勝まで9戦を戦い、前橋育英の失点をわずか1点に抑えチームに貢献した。

 


 
 


 
 

第4回キッズカーニバル in 足利 を開催しました。

国境の壁を越えてサッカーと音楽で友情を育むイベント、第4回キッズカーニバル in 足利 が10月15日足利市五十部運動公園芝生広場で開催されました。
サッカー・音楽&パフォーマンス、グルメブース、抽選会など多彩な催しで大勢の来場者で賑わいを見せました。

▶︎当日のスナップはこちら
▶︎わたらせテレビの映像はこちら

 

Topic2





更新履歴